最適なCRM(Customer Relationship Management)をご提案します。

CRM・マーケティング用語集  [ ビジネスドメイン ]

IMC(Integrated Marketing Communication)

IMCとは、「統合型マーケティング・コミュニケーション」と言われ、マスメディア(TV、ラジオ、雑誌、新聞等)での広告だけでなく、ダイレクトメディア(電話、FAX、インターネット)など、様々なメディアを融合しながら、効果を最大化するという考え方になります。

ダイレクト・マーケティング

ダイレクト・マーケティングとは、手紙、電話、FAX、メールなどを使って、1人1人にメッセージを届けるマーケティング手法です。マスマーケティングよりコストが掛かりますが(1人あたりにメッセージを送るコストはTVのCMが一番安い)、近年は様々なコストが安くなり、またコンピュータの発達により、比較的容易に実施することができるようになりました。

データベース・マーケティング

データベース・マーケティングとは、ダイレクトマーケティングとほぼ同義です。よりシステム的に、顧客データベースやデータ・マイニング、レコメンデーションを充実させることで実施するマーケティング手法です。
・各顧客ごとに取引履歴
・デモグラフィック情報(年齢、学歴、収入、世帯規模など)
・サイコグラフィック情報(興味、意見、考え方、意思決定の仕方など)

顧客志向マーケティング

製品主導マーケティングに対して、顧客のメリットを優先する思考に基づくマーケティングの考え方です。モノがない高度経済成長時代は、モノを作れば売れました。また作ったモノをどう売るかがマーケティングの仕事でした。やがてモノが飽和状態になり、作ったモノを売るから、どんなモノを作れば買っていただくことができるのかに視点がシフトしてきていることを表しています。

One to Oneマーケティング

One to Oneマーケティングとは、ダイレクトマーケティングと同義です。

パーミションマーケティング

パーミションマーケティングとは、顧客の了承(パーミション/permission)に基づいて、顧客とコミュニケーションをするマーケティング手法です。具体的にはメールマガジンなどが該当します。

BtoB(B2B)マーケティング

BtoB(B2B)マーケティングとは、法人相手のビジネスであり、BtoCは一般消費者向けのビジネスになります。他にB2B2Cなどもあります。最近は、C2Cというものも出てきました。

CtoC(C2C)

CtoC(C2C)とは、コンシューマー同士の取引です。オークションやアフィリエイトなど代表的な取引です。

インターネット・マーケティング(Webマーケティング)

インターネット・マーケティングとは、インターネット上で行うマーケティング活動です。Webサイトの製作、認知の向上、ユーザの囲い込み、Eコマースサイトの運営、Eサポートの対応などがあります。

メール・マーケティング

メール・マーケティングとは、電子メールを使ったマーケティングです。最大の特長として、オプトイン(配信の承諾)したユーザーに対し行うマーケティングになることです。また、実際にメールを読んだ形跡があるか、メール配信とアクセスログ解析を併用して、ユーザの行動状況も取得することが可能になります。

エリア・マーケティング

田舎で暮らしている人と都会で生活している人が望んでいるものが違うように、エリアごとの特徴を加味して戦略を立てるマーケティングです。エリア別の嗜好は都道府県別に特徴があると言われており、スナック菓子なども、販売している地域により、微妙に味を変えています。

クチコミ・マーケティング(バイラル・マーケティング)

クチコミとは、友人などを利用して行うマーケティングです。近年インターネット上で行われています。具体的には、「購入者の声」「購入者の評価」「友達紹介キャンペーン」「SNS」などもクチコミ効果を狙ったものです。なお、このプロモーションは自分のやっていることが友達に知られることがいやな場合は、このキャンペーンは成立しません。大人を対象にすればするほど難しくなります。

ソーシャル・マーケティング

過剰包装は困るというグループへの配慮も忘れてはならない、差別的な表現はしないなど、社会的のあらゆる層に配慮しながらマーケティング施策を考えることです。また政府などが行うキャンペーンなどもソーシャル・マーケティングに含まれます。



関連性の高いコンテンツへ